小澤そろばん教室 6月26日~8月2日までの戦い

2021.07.14 ブログ

第122回 日珠連(教場検定試験)
まず、6月26日の教場検定試験まで
今回は暗算3級、4級の2名受けることに決めました。この試験の課題はスピードと見取暗算の安定性がまったく、ダメでした。私は4級を受ける生徒にはっきり言いました。検定試験のまえに見取暗算が20問中11問しか出来ませんでした。本人にやる気があるか確認をしましたが返事はありませんでした。彼は私の言葉をよく理解していました。検定試験は見事に合格いたしました。彼は、中々結果を出せませんでしたが今は少しずつ変わってきました。
暗算3級を受けた生徒は、見取暗算が不安定で合えばあう。間違えると連鎖反応でバツが続くでも×の答えは百の位です。それも100円違いがほとんどでした。採点はすべて先生がやるので欠点はすぐわかります。2ケタで分けていたので、くりあがりの問題か途中の計算ミスか今一つ分かりませんでした。生徒のクセか私も毎回毎回なので検定に間に合うか不安でした。修正能力がNO1の生徒もこれには苦戦を強いられましたが試験当日までクリアしてきました。小澤そろばん教室に入会して1年未満でよく頑張ってくれました。今は小澤そろばん教室のエースに成長しました。

第6回あんざんコンクール7月7日・8日 開催
7月7日に5名参加いたしました。総合的には、良かったと思います。ただ本当に実力を出せた生徒は、いませんでした。もっと伸び伸びやれると思いましたが練習と本番は何か違いました。それもそのはずです。4年目の生徒が1名と1年未満の生徒が4名です。でも、本当に一生懸命やりました。この経験は、来年に絶対につながりますので頑張って欲しいです。但し、いま自分の足りない種目がわかりましたのでそこだけを徹底的にせめて行けば、まだまだ点数は必ず取れます。
2022年は、まずは全員1,000点を最低目標としてやっていきたいです。
そして、また結果が出ましたら報告致します。

全珠学連検定の練習再開の 日程7月24日、25日開催
あんざん検定試験は、段位1名、3級2名、珠算検定は3級2名 合計5名
但し暗算3級のY,Yコンビ2名は、このまま苦手の種目をクリアすれば絶対に合格出来ると思います。あとは、珠算3級については一人は絶対大丈夫です。残りの1名が凄く心配です。残り時間は少ないですがとにかく合格ラインまで検定練習でもっていきたいです。これは先生の役目ですから最後まで諦めずにがんばります。段位については、前回暗算6段の最悪の結果に終わりましたが少しずつ感覚が戻ってきましたので、8段ぐらいは合格したいです。10段は2022年3月まで取りたいです。

123回 教場検定試験 7/31 2名
珠算7級、珠算6級ここは6級の生徒が受かれば7級は問題なし

小澤そろばん教室に足りないところは、経験者が1人しかいない。あんざん そろばんのスピードがない。でも素材は最高やな!頑張れば伸びる 間違いない❣
SHARE
シェアする
[addtoany]

資料請求・無料体験授業のお問い合わせ

開講時間:月・火・水・木・土
・1部 午後2時00分~3時20分
・2部 午後3時30分~4時30分
・3部 午後4時40分~5時40分
・4部 午後5時50分~7時10分
・5部 午後7時20分~8時40分
※土曜日のみ開講時間が変わります

資料請求/無料体験授業